【体験談】薬剤師として成功したいとこの話

薬剤師になってから実力を発揮する人もいる

私のいとこは薬剤師をしています。
私の記憶にある高校生での彼は、やんちゃで我が道を行くタイプでした。
勉強にもそれほど執着心はなく、大学では薬剤師の資格は取得したものの、留年しながらやっと卒業しました。

薬剤師になるには

病院で診察を受け薬を処方してもらい処方箋を持って薬局にいきますがそこで薬剤師に薬をもらいます。
その薬剤師は、薬の事を勉強したきちんとした資格をもっている方です。
薬の事をよく知っているので薬をもらう時に疑問に思っていることや注意する点などを相談にのってもらうことができるのです。
薬剤師になるためには、薬剤師の国家試験を受験して合格しなければいけません。
そのためには、専門の知識が必要になる薬学部に通い勉強をすることになります(参照サイト:薬剤師求人広場『転職サイトランキング』)。

薬剤師という職業が人気の理由

彼の両親もずいぶん心配したようですが、卒業後は、製薬会社に入り、一安心していました。
しかし、そこから彼の本領は発揮されたのです。
もともとバイタリティのある彼は、不屈の精神で仕事に没頭し、会社での営業成績は入社早々トップになったのでした。

資格は人生を変えるのに役立つ

地元から遠く離れた大都会で活躍する彼が、数年ぶりに帰省しました。
風貌も自信に満ちあふれていて、そのあまりの変わりように感心してしまいました。
更に驚くことに、独立して会社を興すというのです。
話はトントン拍子に進み、会社を設立し、現在は社長として多忙な日々を送っています。
たまに遊びに行くと、豪勢にもてなしてもくれるのです。
彼を見ていると、人生は社会に出てから決まるのだな、と妙に考えさせられます。
我が家の子ども達にも、勉強、勉強と口うるさくしながらも、彼を思い出すと、やはり子どもの意志に任せよう、と思ってしまうのです。